「教育実践を語る」服部英雄のブログ

授業のこと,学級経営のこと,家庭教育のことなど,教育全般にかかわることについて,これまでの経験や研究をもとに語っていきたいと思います。

6年生理科「ものが燃えるしくみ」

6年生の最初の教材は、「ものが燃えるしくみ」です。
単元主題を「サイエンスショーを開こう」としました。
サイエンスショーというのは、科学をネタにした実験をショー仕立てで見せるものです。

この単元の内容は、ものが燃えるときの空気の働きや動きとその変化、いろいろな気体の性質です。

これらを①すぐに消えるか燃え続けるか、②空気の動き、③燃える前と後の空気の変化、④燃える気体と燃えない気体、の四つのショーに編成し、単元主題と共に子どもたちに提示しました。

提示するときに、子どもたちがこれまでに燃焼について知っていることを確かめながら行いました。そうすることで、押し付けがましい提示とならずにすみます。  

単元のねらいは、空気の変化に着目して、ものの燃え方を多面的に調べる活動を通して、燃焼のしくみについて理解をはかることです。そして、実験に関する技能を身につけるとともに、より妥当な考えをつくりだす力や主体的に問題解決しようとする態度を育成することもねらっています。

単元の流れは、「自分なりのショーをつくろう」「サイエンスショーをつくろう」「サイエンスショーを発表しよう」です。
 
第一次の「自分なりの考え」つくる「自分なりのショーをつくろう」では、先の①から④までの中で、自分の興味のあるテーマを一つ選ばせました。そして、それを課題として仮説と実験方法を考えさせました。

例えば、①はそのまま課題になるし、②なら「空気はどう動く?」のように課題化するわけです。 この時、自力で考えられる子どもはそれをノートにまとめさせますが、それが難しい子どもは教科書を参考にしても良いこととしました。

しかし、教科書には、実験結果も考察も書いてあるので、教科書を参考にする場合は、本当にその結果になるのかどうかを検証するように方向づけます。もっと言えば、教科書が正しいかどうかを確かめるようにもっていくのです。

今日の授業では、ここまでの一人学習をしました。
そして、その結果をITC教育との関連で、一人一人が持っている端末で一人学習をまとめたノートをカメラで撮影し、それをネットを介して提出させました。

それを電子黒板で提示しながら、子どもたちに説明させました。
どの計画も実行できそうだったので、次から①のショーの実験に取り組みます。

二次以降の予定や、具体的な実践は、次回以降のブログで紹介したいと思います。


 
ランキングに挑戦しています。
いつもクリックありがとうございます。
今日もよろしくお願いします。 



 

今年度の担当

まだ不明確なところがあるものの、現時点で明らかになっているのは、4・5・6年の理科の専科です。
それぞれ週3時間ずつなので、単学級の本校では、週9時間になります。

他にもスクール・アシスタント(S・A)としての仕事があります。
ただ、この内容が、現時点では今一つはっきりしていません。
それでも、与えられた仕事をこなすだけです。

それと、今年度の勤務時間の関係で、同じ職場の先生たちとお話する時間が増えているように思います。その時間に、さまざまな教育技術についてお話でき、有意義な時間を過ごせています。

小学校の教員なので、理科も当然指導できます。
若い時には、家庭科も指導していました。
ただ、子どもたちから、「先生は、理科専門の先生」と思われるのは、少し心外です。

というのも、新任から大学の附属小学校でも、研究し続けてきたのは国語なのです。
その研究成果を、単著にまとめ、3冊出版しています。

そこで、理科もきちんと教えられるし、国語も算数も指導の研究をしているということを、子どもたちに伝えるために、単著3冊を実際に見せました。それを見せると、子どもたちは、一人一台与えられている端末を使って、自然と検索をかけていました。そして、ネット上にある私の情報に驚いていました。

とはいえ、今年の担当は理科です。
そこで、理科の授業をこれまでの研究をもとにより研ぎ澄ましていきたいと考えています。

その一つは、パフォーマンス単元の充実です。
すでに、4年生では、「季節と生き物ブックをつくろう」というパフォーマンス単元を提示しました。
6年生でも、「サイエンス・ショーを開こう」を提示しました。

5年生では発芽の学習で、パフォーマンス単元を構想したいと考えています。

それらの実践の実情については、このブログで紹介したいと思います。

 
ランキングに挑戦しています。
いつもクリックありがとうございます。
今日もよろしくお願いします。 

 

最初の参観日、そして懇談会

新年度、最初の参観日の後には、いつも保護者懇談会が開かれます。
その他にも、PTA総会もありますが、コロナ禍の今は、それも難しいようです。

それでも、懇談会は開かれるようで、その時に新しい担任としてどんお話をするかということは、今後の保護者との関係を良好にするか否かがかかっているように思います。できれば、信頼関係がつくれるようにしたいものです。

そこで、懇談会の計画を立てたり、資料を用意します。
ただ、ここに一つの問題が生じます。

それは、資料をきちんと作成し、それをただ読むだけで、懇談会がつまらなくなるという問題です。

学級担任をしているときは、もちろん資料を作ります。
ただし、その資料は、最低限のものであり、詳細にわたるものではありません。

できれば、A4一枚程度にしたいものです。

それとは別に、懇談会でお話をするネタ帳のようなものを用意します。
つまり、資料は簡単に。しかし、そこでの話は面白くというのが狙いとなります。ネタ帳には、子どものエピソードを用意します。そうすることで、懇談会のお話が具体的になるのです。

懇談会といえども、時間が長くなると保護者の方々も飽きてきます。
大切なことは、懇談会に参加してよかった、面白かったと思ってもらえるようにすることなのです。

そのためのネタ帳です。
それを用意した上で、懇談会に臨みます。
 

  

 
ランキングに挑戦しています。
いつもクリックありがとうございます。
今日もよろしくお願いします。 

 
プロフィール

weavingbe

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
タグ絞り込み検索
記事検索
  • ライブドアブログ