今日の5時間目は,授業研究会でした。
市内の国語担当者の先生が集まってこられます。

授業は「海の命」です。
先日,指導案をこのブログに紹介しました。

今日の学習は,5場面です。
太一が,父の仇とも言えるクエと対決する場面です。

子どもたちは,頑張って発言しました。

まず,「不意に夢はかなうものだ」というところから始まり,太一がクエと出会ったところの叙述にこだわって,自分なりの読みを交流しました。

そこから,出会ったクエがの描写の読み取りに移行していきました。
そこでは,「宝石のような」という比喩に着目し,読みを深めていきました。

さらに,クエの表現で,同じような比喩的表現がないか探させました。
すると,
「黒いしんじゅのようなひとみ」
「刃物のような歯」
「岩そのものと思える」
などの叙述に気づきました。

そこで,比喩というのが,何か別のイメージを付加して,イメージを広げるものだと説明し,どんなイメージがつけ加えられているのかということを話し合いました。

例えば,「黒いしんじゅ」では,先の「宝石のような」と関連させながら,
『キラキラしている』
『輝いている』
などのイメージを抱くことができました。他の比喩表現も同様でした。

次に,そんなクエと出会った太一の行動から,その心情を読み取っていきました。
ここからは,丁寧に読み取りながら,太一の心情が変化するところを見出せるようにしました。

どのように変化するかというと,父の仇と思って対峙している心情から,微笑んで「おとう,ここにおられまししたか。また,会いに来ます。」という心情への移り変わりです。

ここをどう読むのか,ということが,重要になってきます。
それが,最後の「海の命」の考察や,一人前の漁師と呼べるかということの考察につながってきます。

太一は,何を父だと思ったのか,与吉じいさが海に帰ったということがどう関連してくるかなどが読みの手ががりになります。

それらを交流していきました。
特に,驚いたのは,普段からおとなしくてあまり発表しない子が,つぶやき指名をした時に,
「海の命は,海を守っているようだ」
といったことです。

この発言は,授業を参観されている先生にとっても驚きだったようです。

この授業を振り返って,子どもたちが言葉にこだわりながら授業に参加していったことが重要だったと思います。そのことは,事後研でも質問という形で出てきました。

それらに答えながら,質問を刺激と捉えることができ,とても楽しい時間を過ごすことができました。

 


ランキングに挑戦しています