今日は,建国記念の日で祝日です。
国民の祝日です。

しかし,この祝日の呼び方を「建国記念日」と勘違いしている人が,少なくありません。
この祝日が,「建国記念日」ではなく,「建国記念の日」としている意味を考えなければなりません。

ウイキペディアでは,
「 日本では、実際の建国日が明確ではないため、建国神話(日本神話)を基に、建国を祝う日として「建国記念の日」が定められた

。当時在位中の昭和天皇は第124代天皇とされ、2月11日は、日本神話の登場人物であり、古事記や日本書紀で初代天皇とされる神武天皇の即位日が、日本書紀に紀元前660年1月1日 (旧暦)とあり[2]、その即位月日を明治に入り、グレゴリオ暦に換算した日付である。

1873年(明治6年)に、2月11日は、日本国の建国の日として「紀元節」と定められ祭日となり[3]翌年から適用されたが、第二次世界大戦後の1948年(昭和23年)に占領軍 (GHQ)が、日本の文化から国家神道を徹底的に排除しようとする過程で廃止された。

その後、紀元節復活の動きが高まり、「建国記念の日」として、1966年(昭和41年)に国民の祝日となり翌年から適用された。(参考:主権回復の日)」
と,あります。

まあ,祝日ですから,お祝いの日なのでしょうが,お休みの日としての恩恵の方が大きいように思います。子どもたちも,このお休みを楽しく過ごしていることと思います。
  

 
ランキングに挑戦しています。
いつもクリックありがとうございます。
今日もよろしくお願いします。