今日,卒業式でした。
例年とは,全く異なる式となりました。
そのリアルな様子を,ここに書き記したいと思います。

朝,いつも通り教員は出勤しました。
しかし,在校生の子どもたちは登校しません。
職員朝会の後も,学級に行くこともなく,それぞれに分担された仕事をしました。

それでも,在校生の指導がない分,教師たちは暇です。
そうこうしていると,卒業生が登校してきました。

卒業式は10時開会です。ですから,普段ですと9時に登校して,担任と最後の打ち合わせや練習をします。しかし,今年は,これまで全く練習をしていません。ですから,登校も8時30分と早め,普段できなかった練習を簡単にすることになっていました。

それでも早い子どもは,8時すぎには登校してきました。
受付の担当の先生たちが,慌てて対応しました。

卒業生が揃ったのが,8時30分すぎです。
時間,ギリギリの子どももいました。
そこから,最後の練習を体育館でしました。 

しかし,卒業生の担任以外は,相変わらず暇です。
時間を持て余している感じでした。

9時45分ぐらいから,職員は体育館に移動を始めました。
もう,保護者の方々は,着席されています。

体育館は,いつもと違って,窓やドアを開けて換気をしています。
今日は,暖かったので,寒さはそれほど気にはなりませんでした。

式場は,座席が,卒業生と保護者,職員だけなので,かなり閑散とした感じでした。
そこへ,卒業生が入ってきました。入場という形ではありません。席に着くために入ってきた形です。

卒業生とその担任が着席して,いよいよ式が始まります。
式が始まる前に,教頭の方から,今回の式の持ち方についての説明がありました。

まず,一同礼です。
そして開式の言葉,国歌斉唱です。

式に参列している者全てが,マスクをしています。そのせいでしょうか,歌の声は小さなものでした。

続いて,卒業証書授与です。
担任が一人ずつ呼んで,一人ずつ授与します。
その間,子どもたちはマスクを外して,返事をしたり証書を手にしたりしました。着席後,またマスクをします。

証書授与が終わり,市教育委員会の告示ですが,これは教頭が代読です。
祝辞は,来賓が参加していないので割愛です。
祝電披露もなく,紹介だけでした。

そして,別れの言葉です。
これも,在校生がいないので,呼びかけや在校生の歌はありません。
思い出のスライドを映写しました。

その後,卒業生が簡単に感謝や別れを呼びかけて,校歌の斉唱です。
これで,式は終わりです。
一同礼をして,卒業生が退場して行きました。

ここまで,例年なら,1時間30分強かかるのですが,その半分の45分です。
その後,卒業生は教室に戻り,担任と最後の別れをして,校舎から出て行きました。
それを職員は見送りました。

やはり,在校生や来賓の方々がいないと,どこか寂しい感じがしました。
来賓の祝辞や在校生との呼びかけや歌の交換など,時間がかかりますが,式の形としては賑やかにお祝いしているという感じが出るのだなぁと,改めて思いました。

それでも,卒業生は,一人一人思うところがあったようで,教師と保護者の方々で作る卒業式でも,いい思い出になったようでした。

みんなで見送った後は,例年通り,写真撮影会です。
今回は,私も卒業生全員と集合写真を撮らせていただきました。というのも,4・5年と2年間も担任したからだと思います。2年間というと,小学校生活の3分の1です。
花束もいただきました。感激しました。

例年とは違う卒業式でしたが,卒業生を思う人々の思いがあふれた,そしてそれを卒業生がしっかりと感じ取ったいい卒業式だったなぁと思いました。
 
 
ランキングに挑戦しています。
いつもクリックありがとうございます。
今日もよろしくお願いします。