本来なら,今日が修了式で,明日からが春休みです。
しかし,今年度は,新型コロナウィルスの関係で,臨時休業中の登校日という扱いです。

子どもたちは,臨時休業に入る前と同じように,元気に登校してきました。
朝の業前の時間も運動場に出て,久しぶりに会う友達と楽しく遊んでいます。

中には,今日が今年度最後,つまり担任や学級のみんなと最後の日であるということを理解して,いつもより元気のない子どももいました。

職員朝会の後,放送で修了のことについて,学校長が話しました。
子どもたちは,真剣に聞いていました。
担任している子どもたちは2年生でしたが,放送の意味をきちんと理解しているようでした。

その後,11時下校に向けて,いろいろな活動をしました。
まず,教室に残っていた子どもたち個人のものを持って帰るようにする作業です。
この時,個人のものだけでなく,担任の私の不要のものも配布して,持って帰るようにしました。

それが終わってから,外で遊ぶ時間を設けました。
というのも,3月に入ってから,友達と一緒に遊ぶという機会がほとんどなかったからです。
その時間をできるだけという思いから,遊ぶ時間をたくさんとったのでした。

そして,帰る用意です。
たくさんの荷物を持って帰る準備をしました。
子どもたちが用意している手提袋だけで足りない時は,私の方からビニール袋を渡しました。

帰る直前に,いよいよ担任からの話です。
子どもたちがこれまで頑張ってきたこと,そしてこれから頑張って欲しいこと,春休みの学習や生活のことなどを話しました。

そして,帰りの挨拶です。
さようならの挨拶をして,教室を出ました。
その後は,一斉下校で,子どもたち全員が下校しました。

それから,しばらく経って…。

学級委員の保護者の方が,学校に来られました。手には,花束と色紙を持って。
「1年間お世話になりました。そして,長い間お疲れ様でした。」
と,花束と色紙を手渡してくださいました。

保護者の皆様は,今年度で私が定年だということを知り,それに配慮してくださったのだと瞬時に理解できました。

本当にありがたいことです。
このような,ご配慮を頂けるなんて,予想もしていませんでした。

色紙には,子どもたち一人一人からのメッセージが書いてありました。
どの子どものメッセージにもその子らしさが出ていました。

 
ランキングに挑戦しています。
いつもクリックありがとうございます。
今日もよろしくお願いします。