「教育実践を語る」服部英雄のブログ

授業のこと,学級経営のこと,家庭教育のことなど,教育全般にかかわることについて,これまでの経験や研究をもとに語っていきたいと思います。

教育論

学校教育で子どもを育てること

世界的に見て、学校教育というのは、アカデミックな知識や技能を習得させることが大きなねらいであって、それ以上でもそれ以下でもないことがほとんどです。

アカデミックな知識や技能というのは、学問的なそれらという意味です。つまり、義務教育のそれぞれの教科には親学問があり、将来それらを習得するための基礎的な知識や技能を身につけることが目標となっているのです。

欧米のドラマや映画を見る限りですが、知識や技能の習得以外に問題があるときは、学校教育ではない専門の医師やカウンセラーなどの別の機関が受け持つようになっているようです。

しかし、日本の学校教育はそうではありません。
アカデミックな学力以外の指導も学校教育の射程に入っているのです。

これが、学校の先生の忙しさの原因の一つと言えるのではないかと思います。
ただ、これを省いてしまっていいのかという疑問も残ります。

というのは、アカデミックな学力は、それ以外の学問に対する興味や関心、態度に左右されることが研究で明らかになっているからです。そして、それらの力をアカデミックに対してエモーショナルな学力と呼んでいます。

日本では、明治維新以降の学校教育で、このアカデミックとエモーショナルの両面を指導することが要望されました。それは、明治以前の教育に原因があります。

明治以前というと、江戸時代になります。
実は、この時代、同じ年代の世界と比べてはるかに高度で広範な教育が行われていたのです。
それが、寺子屋であり、藩校です。

この時代の教育を引き継いだので、日本の学校教育では、指導する内容が多くなったのです。
しかし、これも日本という制度や文化の影響を受けています。この影響をゼロにするのはなかなか困難だと思います。

ということは、この影響を引き継ぎながら、子どもたちにアカデミックとエモーショナルの両面の学力を身につけられるようにカリキュラムや単元を考えたり、授業の工夫をしたりしなければならないのです。

それが、日本の制度や文化の中で、子どもを育てることになるのです。 

 
ランキングに挑戦しています。
いつもクリックありがとうございます。
今日もよろしくお願いします。 

 

今年度の担当

まだ不明確なところがあるものの、現時点で明らかになっているのは、4・5・6年の理科の専科です。
それぞれ週3時間ずつなので、単学級の本校では、週9時間になります。

他にもスクール・アシスタント(S・A)としての仕事があります。
ただ、この内容が、現時点では今一つはっきりしていません。
それでも、与えられた仕事をこなすだけです。

それと、今年度の勤務時間の関係で、同じ職場の先生たちとお話する時間が増えているように思います。その時間に、さまざまな教育技術についてお話でき、有意義な時間を過ごせています。

小学校の教員なので、理科も当然指導できます。
若い時には、家庭科も指導していました。
ただ、子どもたちから、「先生は、理科専門の先生」と思われるのは、少し心外です。

というのも、新任から大学の附属小学校でも、研究し続けてきたのは国語なのです。
その研究成果を、単著にまとめ、3冊出版しています。

そこで、理科もきちんと教えられるし、国語も算数も指導の研究をしているということを、子どもたちに伝えるために、単著3冊を実際に見せました。それを見せると、子どもたちは、一人一台与えられている端末を使って、自然と検索をかけていました。そして、ネット上にある私の情報に驚いていました。

とはいえ、今年の担当は理科です。
そこで、理科の授業をこれまでの研究をもとにより研ぎ澄ましていきたいと考えています。

その一つは、パフォーマンス単元の充実です。
すでに、4年生では、「季節と生き物ブックをつくろう」というパフォーマンス単元を提示しました。
6年生でも、「サイエンス・ショーを開こう」を提示しました。

5年生では発芽の学習で、パフォーマンス単元を構想したいと考えています。

それらの実践の実情については、このブログで紹介したいと思います。

 
ランキングに挑戦しています。
いつもクリックありがとうございます。
今日もよろしくお願いします。 

 

最初の参観日、そして懇談会

新年度、最初の参観日の後には、いつも保護者懇談会が開かれます。
その他にも、PTA総会もありますが、コロナ禍の今は、それも難しいようです。

それでも、懇談会は開かれるようで、その時に新しい担任としてどんお話をするかということは、今後の保護者との関係を良好にするか否かがかかっているように思います。できれば、信頼関係がつくれるようにしたいものです。

そこで、懇談会の計画を立てたり、資料を用意します。
ただ、ここに一つの問題が生じます。

それは、資料をきちんと作成し、それをただ読むだけで、懇談会がつまらなくなるという問題です。

学級担任をしているときは、もちろん資料を作ります。
ただし、その資料は、最低限のものであり、詳細にわたるものではありません。

できれば、A4一枚程度にしたいものです。

それとは別に、懇談会でお話をするネタ帳のようなものを用意します。
つまり、資料は簡単に。しかし、そこでの話は面白くというのが狙いとなります。ネタ帳には、子どものエピソードを用意します。そうすることで、懇談会のお話が具体的になるのです。

懇談会といえども、時間が長くなると保護者の方々も飽きてきます。
大切なことは、懇談会に参加してよかった、面白かったと思ってもらえるようにすることなのです。

そのためのネタ帳です。
それを用意した上で、懇談会に臨みます。
 

  

 
ランキングに挑戦しています。
いつもクリックありがとうございます。
今日もよろしくお願いします。 

 

最初の参観日

新学年度の4月には、最初の参観日があります。
これって、ある意味「顔見世興行」です。

新しい先生がどんな先生か。新しい学年・学級で、子どもたちがどんな様子か。
などなど、保護者の方々に最初に顔見せする機会なのです。

この後に、懇談会もあったりします。授業や懇談会を通して、保護者の方と信頼関係をどれだけ作れるかというのがこの参観・懇談会の大きなねらいとなります。

そのためには、授業もある程度保護者の方々が納得できるものでなければなりませんし、懇談会ではもっと信頼関係を築くために重要です。

学級を担任しているとき、毎年最初の参観日にする授業がありました。
教科は国語科。教材は詩教材。
「から」という詩です。

この教材を用いた授業では、絶対に失敗をしません。
準備もそれほど必要ではありませんし、授業計画も難しくありません。
それでいて、子どもたちの色々な面を理解することができ、それをその後の懇談会に活用することができます。

教材とワークシートは、次のリンクからダウンロードが可能です。
「から」 

 
授業の展開は次の通りです。
1 教材を板書しながら、それをワークシートに視写させる。
2 音読を3回する。
3 発問1をして、その答えをワークシートの開いているところに書かせる。と同時に、その答えの根拠となるテキストに棒線を引かせる。
4 答えと根拠を発言させて交流する。
5 発問2をして3と同様の活動をし、4のように交流する。
6 作者の正解を伝え、作者と語り手(話者)について説明する。

この授業、4、5の活動で全ての子どもが発言できます。
そして、6のところで、子どもたちから驚きの声が教室に響きます。

この授業は、子どもたちも考えやすいのですが、それと同じように保護者の方々にも分かりやすい授業となります。特に、6のところでは驚きの歓声が上がり盛り上がります。

実は、この学習、国語科の大切な価値を指導しています。それは、作者を作品から切り離すというものです。「作者の死」は、ロラン・バルトが今から半世紀以上前に提唱したことです。それを指導するのに役立ちます。

近くに授業参観を控えていて、どんな授業をしようか定まっていない先生方には、おすすめの授業案です。この案は失敗しません。鉄板の授業なのです。

興味のある先生方は、ぜひ実践して見てください。 

 
ランキングに挑戦しています。
いつもクリックありがとうございます。
今日もよろしくお願いします。 

校正2回目終了

ゲラの校正、2回目が終わりました。
1回目で、かなりきちんと校正したつもりでしたが、2回目でも修正するところがありました。

本当は、もう一回校正したいところなのですが、今月中に出版するには時間がありません。
もし、出版後に間違いがあったら、ぜひ知らせてほしいです。

それとは別に、過去に出版した「活動する国語2」と「活動する国語3」が、書店では購入できなくなっているのではないかと思います。それは、出版社との契約でそのようになっています。

しかし、在庫が自宅にたくさんあります。
そこで、格安で販売したいと思います。

「活動する国語2」と「活動する国語3」と合本で、2000円で売りたいと思います。
定価がどちらも2000円近くするので、半額程度になります。なお、送料は当方もちです。

もし、ご入用の方がいらっしゃったら、こちらのブログに、メッセージでお知らせください。
よろしくお願いいたします。 

  

 
ランキングに挑戦しています。
いつもクリックありがとうございます。
今日もよろしくお願いします。 
プロフィール

weavingbe

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
タグ絞り込み検索
記事検索
  • ライブドアブログ