「教育実践を語る」服部英雄のブログ

授業のこと,学級経営のこと,家庭教育のことなど,教育全般にかかわることについて,これまでの経験や研究をもとに語っていきたいと思います。

理科

6年生理科「ものが燃えるしくみ」

6年生の最初の教材は、「ものが燃えるしくみ」です。
単元主題を「サイエンスショーを開こう」としました。
サイエンスショーというのは、科学をネタにした実験をショー仕立てで見せるものです。

この単元の内容は、ものが燃えるときの空気の働きや動きとその変化、いろいろな気体の性質です。

これらを①すぐに消えるか燃え続けるか、②空気の動き、③燃える前と後の空気の変化、④燃える気体と燃えない気体、の四つのショーに編成し、単元主題と共に子どもたちに提示しました。

提示するときに、子どもたちがこれまでに燃焼について知っていることを確かめながら行いました。そうすることで、押し付けがましい提示とならずにすみます。  

単元のねらいは、空気の変化に着目して、ものの燃え方を多面的に調べる活動を通して、燃焼のしくみについて理解をはかることです。そして、実験に関する技能を身につけるとともに、より妥当な考えをつくりだす力や主体的に問題解決しようとする態度を育成することもねらっています。

単元の流れは、「自分なりのショーをつくろう」「サイエンスショーをつくろう」「サイエンスショーを発表しよう」です。
 
第一次の「自分なりの考え」つくる「自分なりのショーをつくろう」では、先の①から④までの中で、自分の興味のあるテーマを一つ選ばせました。そして、それを課題として仮説と実験方法を考えさせました。

例えば、①はそのまま課題になるし、②なら「空気はどう動く?」のように課題化するわけです。 この時、自力で考えられる子どもはそれをノートにまとめさせますが、それが難しい子どもは教科書を参考にしても良いこととしました。

しかし、教科書には、実験結果も考察も書いてあるので、教科書を参考にする場合は、本当にその結果になるのかどうかを検証するように方向づけます。もっと言えば、教科書が正しいかどうかを確かめるようにもっていくのです。

今日の授業では、ここまでの一人学習をしました。
そして、その結果をITC教育との関連で、一人一人が持っている端末で一人学習をまとめたノートをカメラで撮影し、それをネットを介して提出させました。

それを電子黒板で提示しながら、子どもたちに説明させました。
どの計画も実行できそうだったので、次から①のショーの実験に取り組みます。

二次以降の予定や、具体的な実践は、次回以降のブログで紹介したいと思います。


 
ランキングに挑戦しています。
いつもクリックありがとうございます。
今日もよろしくお願いします。 



 

5年生理科「もののとけ方」3つ目のテーマ

5年生の理科の最後の学習となります。
「もののとけ方」の3つ目のテーマ『大きな結晶、結晶のかざりをつくろう』です。

ミョウバンの水溶液をつくり、その温度を冷やすことで結晶化する性質を利用します。

まず、最初に、「大きな結晶」か「結晶のかざり」のどちらをつくるかということを確認しました。
そして、それぞれがつくるのに必要な道具や器具を準備させました。

「結晶のかざり」では、モールと割り箸と天糸、プラスティック製コップとガラス棒を用意させました。そして、60度のお湯とそれに溶かすミョウバンは、教師の方で用意しました。

こちらの子どもたちは、モールで自分の好きな形を作るのと、それを天糸で繋ぐのに苦労していました。それが完了してから、お湯とミョウバンを教師から配布しました。

ミョウバンを溶けるだけ溶かして、そこにモールを入れ、ゆっくりと冷やすように発泡スチロール製の容器に入れました。

一方、「大きな結晶」を選んだ子どもたちには、エナメル線とこれまでの学習でできた少し大きめの結晶、カセットコンロを教師から配布し、子どもたちはビーカーとガラス棒、温度計などを用意するようにしました。

子どもたちは、コンロでビーカーの水を熱しながら、ミョウバンを溶かしていきました。
当初、温度は60度を設定していたのですが、ビーカーの水を250mLほど入れていたので、溶け残りが出るまでミョウバンを溶かすには相当な量が必要となってしまいました。

そこで、水温を40度ぐらいで熱するのをやめて、ミョウバンの溶け残りが出るぐらいまで溶かせました。そこに、エナメル線の先を熱してミョウバンの結晶をつけて水溶液の中に入れました。そして、「かざり」と同様にゆっくり冷やすための発泡スチロール製の容器に入れました。

あとは、どちらもゆっくり冷やすことで、結晶化を期待することができます。もちろん子どもたちは、これまでの学習を活用して、ものづくりに意欲的に取り組んでいきました。また、取り組みながらこれまで学習したことを想起することができました。

さて、どのような結果になるかは、これからのお楽しみです。 

 
ランキングに挑戦しています。
いつもクリックありがとうございます。
今日もよろしくお願いします。 

5年生理科「もののとけ方」

3学期が始まって、最初の教材です。
ここでは、水溶液の特徴や性質について学習していきます。
そして、飽和水溶液や、それが温度によって変わること、温度が下がれば結晶化することなども学習内容となっています。

最初の導入の時間では、ものが水に溶けるということについて学習をしました。
どんなものが水に溶けると言えるのか、その理由は何かということについて対話的に学習しました。

子どもたちは、これまでの経験を元に理由づけして、それを対話していきました。
この話し合いから、溶けるというのは、つぶが残らないこと、つまり均一になることや透明になることなどを確認しました。

この学習は、あくまでも対話を中心とした学習でした。それを確かめるために、食塩、ミョウバン、でんぷんを実際に水に溶かして、その様子を観察することにしました。

このうち、食塩、ミョウバンは、透明になり粒が残りません。一方、でんぷんは、一瞬溶けたように見えますが、不透明であり、時間がたつと白く濁ったところと澄んだところに別れていきます。

つまり、でんぷんは、溶けたのではなく、混ざったのであり、時間が経つとその混ざり具合が変わっていくことから、溶けたとは言えないのです。そのことを確認しました。

その後、単元の学習の流れを子どもたちと一緒に作りました。

単元の出口となる活動は、大きな結晶を作ることと結晶で飾りを作ることとしました。
従って、単元主題は、「大きな結晶や飾りを作ろう」としました。

結晶の作り方を簡単に抑え、活動テーマを設定していきました。
最終的には、結晶や飾りを作るので、それを完成させます。ですから、最後の活動テーマは、「大きな結晶や飾りを完成させよう」となります。

そして、それらを完成させるためには、水溶液の性質を理解しなければなりません。
つまり、たくさんのものを溶かす方法を見つけたり、ものが溶けるということについての理解を深めなければならないのです。

そこで、最後のテーマに至るためのテーマを、「より多く溶かす方法を見つけよう」としました。よりたくさんの結晶や大きな結晶を作るためには、より多く溶かすことが必要です。子どもたちもすぐにそのことに気づきました。

そして、それを見つけるためには、ものが溶けるとはどういうことか、それを確かめるためにはどうするのかということを追求する「 ものは溶けてどうなるのか」というテーマを設定しました。

この時に子どもたちに簡単に答えさせ、重さを調べればいいや、水を蒸発させればいいなどの方法に気づきました。それを順に実験して確かめることを確認し、単元の流れを作りました。それは、次のような流れです。

「ものは溶けてどうなるのか」「より多く溶かす方法を見つけよう」「大きな結晶や飾りを完成させよう」

このテーマに即して授業を展開していきます。
 

ランキングに挑戦しています。
いつもクリックありがとうございます。
今日もよろしくお願いします。 

見えた! 国際宇宙ステーション!

国際宇宙ステーションを観測できると,ニュースで報道していました。
今日の夕方6時21分の予定でした。

少し薄雲が出ていたので見られるかなぁと思いました。
実際,月も霞んでいました。

それでも,いくつか星が見えていたので,可能性はあるかと思いました。
自宅の裏庭に出てみると,もう,すでにそれらしい光点が見えました。

動いていることが確認できたので,普通の星ではないことがわかりました。
さらに,飛行機だと光が点滅したりするのですが,それもなく,スーッと移動している感じでした。

 
スクリーンショット 2020-11-18 19.28.55


小さな白い点が,それです。
スーッと数秒移動して,その後見えなくなりました。

以前天体観測をしていたときに,指導の先生から,
「光る点が決まった方向に移動し,しばらくして消えたら,それは人工衛星ですよ。」
と教えてもらったことを思い出しました。まさしく,それと同じ動きだったのです。

今,ISSには,野口宇宙飛行士が滞在されています。
そんなことを想像しながら見ていると,感慨深いものを感じました。
 

 
ランキングに挑戦しています。
いつもクリックありがとうございます。
今日もよろしくお願いします。 

ふりこクイズを出題しよう

先週,収録した動画を子どもたちに見せました。
そして,改善するところや改良するところを考えさせました。

子どもたちは,セリフの割り振りを変えたり,自分のセリフを噛まないように練習したりしました。

その後,いよいよ本番です。
子どもたちの「ふりこクイズ」出題の様子は,iPhoneで撮影しました。

というのも,そうすることで,iCloudにデータを保存し,クラウド経由で編集が可能になるからです。
子どもたちは,前回の収録を経て,より良い動画にしようとがんばりました。
 
このように,表現活動で学びをまとめることで,子どもたちにより確かな知を保証することができます。撮影後,子どもたちと,学びのまとめを確認しました。

それをもとに,明日,テストをします。
テストの後に残った時間で,動画の編集をさせようと考えています。

ただ,その編集にどのようなアプリを使うかで迷っています。
iPadなら,iMovieを使って簡単に編集できますが,子どもたちに支給されているのはchrome bookなので,編集ソフトがあるのかどうかわかりません。

仮に,あっても,簡単にはインストールできません。
インストールには,市の許可が必要だからです。

もし,グーグール自体に,iPadのようにプリインストールされていれば問題ないのですが…。

結局,ICTは,そのハードやアプリに左右されます。
そこを克服したところに,真のICTはあるのだと思います。

今や,動画編集は,小学生でもできることで,それをYouTubeやsnsに投稿することも,可能です。
それらを推進するわけではありませんが,基礎的な技能として,動画編集もできればいいなぁと思います。

思い起こせば,子どもたちに動画編集を始めてさせたのは,西暦2002年です。
実に,今から18年も前です。10年一昔というのに,それよりはるか前なのです。

このときは,修学旅行のビデオを編集させました。
ハードは,iMacのiMovieです。

それから,約20年も経っているのです。
今の子どもたちができないはずはありません。

かなめになるのは,ハードとアプリなのです。
子どもたちが,どのような編集をするのか楽しみです。

 

ランキングに挑戦しています。
いつもクリックありがとうございます。
今日もよろしくお願いします。 
プロフィール

weavingbe

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
タグ絞り込み検索
記事検索
  • ライブドアブログ