「教育実践を語る」服部英雄のブログ

授業のこと,学級経営のこと,家庭教育のことなど,教育全般にかかわることについて,これまでの経験や研究をもとに語っていきたいと思います。

文献講読

子どもの問いを

今年度の校内研修について、一つの方向性が出されました。
それが、子どもの「問い」から授業を作っていこうというものです。
教科は、算数です。

昨日のブログで書いた通り、「問い」ということにどれだけ、先行実践や文献を当たっているのかわかりません。そこで、アマゾンで「問い」や「質問」というワードで検索を行い、文献に当たって見ました。

いくつか文献を購入したのですが、まず、次の文献から購読することにしました。
というのも、実践を見据えた文献と考えたからです。




教材に対して、子どもの問いを見つけさせ、その中から価値ある問いを追求させ、一斉授業ではその追求したことを交流するという形の実践でした。

しかし、この実践って、30年以上も前の、課題解決学習に似ているなと思いました。
例えば、国語の文学的教材を指導するのに、初発の感想から課題を見つけ出し、その課題の中からみんなで追求するという過程と似ているのです。

おそらく、筆者は、その先行実践について知らないか調べていないかではないかと思います。
そして、この時の問題を解決できているとは思えないのです。

当時の問題は、本当に価値ある課題を子どもたちが作れるかというものでした。
これと、同様に、学習のねらいに到達する、価値ある「問い」をつくれるのかという問題が、相変わらず生じます。

それを解決するために、本書では、グループ討議で、価値ある三つの「問い」を選ぶようにしています。確かに、これも一つの解決法ではあると思いますが、それでも昔の課題解決学習の問題をクリアしているとは思えません。

なぜなら、問いをつくる。問いを三つに絞る。その問いを追求する。ここまでは新しいのですが、この後、一斉学習でどのように学びを確定したり、促進したり、深めたりするのかがわからないのです。

単に、上の「問いの作成」「問いの精選」「問いの追求」だけでは、一斉学習での学びを想像しづらいのです。

さらにいうと、「問い」は、その対象によって、学びが大きく異なってきます。
対象というのは、一つが「教材」であり、もう一つが「自己」です。

前者は、教材に対して、なぜ、どうしてという問題意識です。しかし、この問題は、簡単に解決するか、到底解決できないかのどちらかになりがちです。そして、後者は、なぜこのお話を面白いと思ったのかや、なぜこの事象を不思議と思ったのかというような問題意識です。

残念ながら、この問いの対象については、理路整然とした説明がありませんでした。

おそらく、この文献を読まれた先生方は、「なるほど、良さそうだけど、どうやればいいの?」や「問は大切かもしれないけれど、それをどのように一斉授業にするの?」というような疑問が残りそうだと思いました。

 
ランキングに挑戦しています。
いつもクリックありがとうございます。
今日もよろしくお願いします。 

寝ながら学べる構造主義

今日は,在宅勤務でした。
朝から,在宅勤務することをteamsで連絡し,計画していた内容の勤務をしました。

その中に「文献購読」があり,今回,この文献「寝ながら学べる構造主義」を読みました。
著者は,内田樹さんです。

実は,この文献,以前にも読んだことがあります。
今から,15年ぐらい前です。

当時,この「構造主義」というのが学校教育にどのように関連するのか,あるいはその後の「ポスト構造主義」というのがどうなのかということに興味があって読んだのでした。





すると,現代の常識となっていることが,「構造主義」という思想体系の中で展開されていることが明らかとなりました。

ですから,今の教育界を取り巻いている様々な言説や理論が,この「構造主義」に則っているのです。
例えば,今では当たり前に使われている「学び」という言葉ですが,これは,今からほんの30年前にはなかった言葉なのです。

「学び」という言葉は,子どもを学習の主体とした言葉であり,子どもたちがどのように学ぶかということを主題としたものなのです。それ以前は,この言葉はなく,学習の中心である授業の主体は教師だったのです。

さらに,最近では,「主体的」という言葉も当たり前として使われていますが,これもほんの30年前には教育界にはなかった言葉なのです。指導要領を見てみると,平成元年の指導要領以前には登場してきません。

この文献では,構造主義の例として,アメリカとアフガンの対立をあげています。
9.11の出来事をアメリカの立場とアフガンの立場と,両方から考え言及するのが現代ですが,それがこの構造主義以前ではなかったことを明らかにしています。

例えば,ベトナム戦争のとき,アメリカの立場に立った言説や発言は多々あったものの,ベトナム側のそれらはほとんどなかったこと。また,それ以前のフランスとアルジェリアの紛争も,当時はフランス側を正当化する言説や発言しかなかったことなどをあげています。

そして,構造主義という枠組みが常識となった現代では,それらの言説が変わってきているというのです。その枠組みが出来上がる過程を,マルクスやフロイトから始まるとして,四銃士と呼ばれる思想家の考えを紹介しています。

常識がどのように作られていくのかということや,それを教育界で考えるとどうなるのかということなど,思考の刺激となる文献です。決して内容は難しくありません。難しくないことについても序章で説明があります。

今の教育界や,今の世の中のことをメタ的に理解したい方におすすめです。 

  
ランキングに挑戦しています。
いつもクリックありがとうございます。
今日もよろしくお願いします。 

ビル・キャンベルの成功の教え

この週末に購入しました。
「コーチング」という概念や方法論が,近年話題です。

しかし,その理論が形成されるずっと前に,それを実践していたのがビル・キャンベルです。
彼は,アメフトのコーチを経て,経済界のトップに参入し,その後シリコンバレーのCEOなどに助言をしていた人なのです。

その人のことについて記されているのが,この文献です。

1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え


相手を陥れることよりも,思いやりを与えること。
個人の良さを引き伸ばすこと。
そして,個人より,チームの力を引き出すこと。
などを実践した人です。

そうやってコーチした相手が,アップルやグーグルなど,IT大手のCEOなのです。
ですから,コーチした相手の収入を考えると,1兆ドルを超える人をコーチしたということで,「1兆ドルコーチ」という題名がついています。

まだまだ読み始めたばかりなのですが,コーチング理論の元となる,コーチ実践が書かれているようです。この理論や方法論は,学校教育にも有効であると考えます。

おすすめです。

 

  

 
ランキングに挑戦しています。
いつもクリックありがとうございます。
今日もよろしくお願いします。 

『一瞬で良い変化を起こす』

以前スクールカウンセラーのことについて,このブログで書きました。それから,スクールカウンセラーや,その事例について調べようと何冊かの本を購入しました。その中の一冊が次の文献です。


一瞬で良い変化を起こす10秒・30秒・3分カウンセリング―すべての教師とスクールカウンセラーのために



タイトルが,ちょっと胡散臭い感じもしないではありません。
本当に,10秒や30秒で良い変化が生じるのだろうかと,少し疑心暗鬼です。

この本の中には,小学校から高校までの様々な事例が載せられています。
そして,それぞれの事例に,10秒ならどんな言葉がけをするのか,30秒なら,そして,3分ならというように記されています。

ですから,その事例に当てはまるような目の前の問題に直面している先生にとっては,かなり有効な本だと言えます。しかし,そのような問題に直面していない先生にとって,どれだけ有効なのでしょうか。

やはり,それぞれの事例の背景にある,原理や原則をある程度示してもらった方が,様々な問題に転移させることができ,現場の教師にはありがたいと思います。

とは言え,この文献の中にある,その原理や原則はある程度理解できます。
それは,「共感的受容」であり,「共感的言葉がけ」なのです。

それらをこの文献から一般しつつ読み取ることは,なかなか難しいように思います。
対処療法的な,側面が拭い切れないからです。

個々の事例とその対処法を示すとともに,その背景にある転移させることができる原理・原則についてまとめて欲しかったなぁと思います。

それでも,個々の事例から,ある程度応用もできるように思います。それらを活用しながら,子どもたちをより良い方向に指導できればいいなぁと思います。


 
ランキングに挑戦しています。
いつもクリックありがとうございます。
今日もよろしくお願いします。 

時間って?

以前から気になっていました。
どうやって,1月1日,つまり一年の始りを決めているのかということについてです。

なぜなら,地球が太陽の周りを一周して一年で,地球が周回軌道をとっているということは,どこを起点にしてもいいと思うからです。これは,暦の問題であり,人が作ったものなのです。

一年の始まりがあって終わりがある。
それを365日で割って,1日を24時間にして,というように時間が決められたのです。

しかし,この時間は,予め絶対的なものとして私たち人間の前に存在しているかのように振る舞います。
つまり,時間は我々にとって所与のものとして存在しているように思えるのです。

そんな時,下のような本を見つけました。


時間は存在しない


なかなか過激なタイトルですね。「時間は存在しない」なんて。
現に私たちは,年をとります。成長,発達,老化を,時間に伴ってしています。

なのに,その時間が存在しないとは,どういうことなのでしょうか。
まだ,読みはじめたばかりで,詳しくはお話しできません。

やはり,上で述べたような絶対的な時間が存在しないということなのでしょうか。
この冬休みにじっくり読んでみたいと思います。
 

 
ランキングに挑戦しています。
いつもクリックありがとうございます。
今日もよろしくお願いします。 
プロフィール

weavingbe

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
タグ絞り込み検索
記事検索
  • ライブドアブログ