「教育実践を語る」服部英雄のブログ

授業のこと,学級経営のこと,家庭教育のことなど,教育全般にかかわることについて,これまでの経験や研究をもとに語っていきたいと思います。

特別活動

自然学校最終日

いよいよ最終日です。
長かった自然学校も,今日で終わります。

今日のプログラムは,利用してきた施設を出るための片付けと掃除です。
子どもたちは,分担された場所を掃除しました。

掃除の後に,これまで一緒に過ごした仲間やリーダーとのお別れ会です。
その内容は,リーダーとの交流会,仲間との遊びです。

子どもたちは,最後の交流を,楽しむことができたようでした。
そして,記念撮影です。

一緒に過ごしてきた班のメンバーとの撮影。
学校ごとの撮影。
そして,全員での撮影。

これらを終えて,いよいよ学校に向けて出発です。

学校に着いて,到着式です。
迎えにきていただいた保護者の方や先生たちに,挨拶や報告を簡単にしました。
みんな,充実した表情をしていました。

週末は,ゆっくり休んでほしいと思いました。
そして,来週は,この自然学校の体験を確かな学びに変えていかなければならないと考えています。

  

 
ランキングに挑戦しています。
現在,6位です。
皆さんの,クリックでさらに上位に行くことができます。
よろしくお願いします。 

卒業式の学習2016

今日から,卒業式の学習が始まりました。

昨日の5,6時間目,5年生の子どもたちを中心に,卒業式の会場づくりをしてくれました。
会場は,体育館です。シートをひいて,椅子を並べて,ひな壇を用意してくれています。

その会場を使っての初めての学習でした。

卒業式の大まかな流れは,これまで学級で指導しています。
これからは,会場を実際に使いながら,細かなことについて指導していきます。

これらの指導については,以前,表現活動の作り方でもこのブログで書いたことがありますが,最初から綿密に指導してできるようにするのではなく,大まかなことからそれを精緻化していく指導がいいと考えています。

とはいえ,今日の1時間と,明日の2時間の学習で,金曜日には在校生との合同の学習となります。
ですから,3時間で,ある程度在校生が見ても耐えうるものにしなければなりません。

今日の学習では,入場の仕方,歩き方,礼の仕方,証書のもらい方を大まかに指導しました。

入場の仕方では,どのタイミングで入場し始めるのかということや,歩き方と関連させて,指導しました。その歩き方では,「姿勢を正しなさい」というような指導があるかと思いますが,それでは具体性に欠け,子どもたちはどのようにすればいいのわかりません。

そこで,まず姿勢の指導では,
「まっすぐに立って,肩甲骨を寄せる」
という指導言を伝えます。

そして,歩き方では,
「正しい姿勢で腕を後ろに振って歩きます」
という指導言を使います。

また,歩き方では,曲がり方も指導しなければなりません。
曲がるときは,直角に曲がるようにします。

その時の指導は,
「曲がる方と逆の足を軸に方向を定め,それにもう一方の足を揃えるようにする」
というものです。

さらに,両足を揃える際に,爪先立ちしてかかとを下ろすと,見栄えがするということも付け加えました。そして,それぞれ練習するようにしました。

この「見栄えがいい」というのが,姿勢や歩きかた,曲がり方や,証書の受け取り方,全てに重要なポイントとなります。見ている人からいい表現に見えるような所作が「見栄えがいい」のです。

歩き方を練習したら,歩くコースを確認しました。
まだ,どのタイミングで歩き出し,どこに立つかということは指導していません。
それよりも,「歩く・曲がる」という歩き方の大体ができるように指導したのです。

このあたりで,学習時間がなくなってきました。
最後に,証書の受け取り方を確認して練習しました。

学習の終わりには,どう表現するかは一人一人の意欲と技術によると確認しました。そして,今日学んだことを各自家庭で練習するように課しました。

明日は,今日の学習をより具体化,精緻化する学習を予定しています。

 
ランキングに挑戦しています 

6年生を送る会2016

今日の午後は,6年生を送る会でした。
この会ですが,5年生が中心になって企画,準備,運営を行います。

また,6年生以外の学年は,それぞれ出し物を用意します。

会のプログラムは,次のようなものでした。

・6年生入場
・はじめの言葉
・ゲーム
・学年の出し物
・メッセージプレゼント
・歌「ありがとう」
・おわりの言葉
・校長先生のお話

この会ですが,卒業式に参加できない学年もあり,その学年にとっては,6年生を送る唯一の機会となります。そんな意味も込めて,全校生で一緒にゲームしたり,出し物をしたりして,6年生を送るわけです。

また,5年生が中心になるということは,6年生が卒業した後,自分たちが学校をリードしていくという意味も含まれます。ですから,立派に会をやり遂げることが,次の学年度へのバトンタッチとなるわけです。

さて,会は,ゲームを楽しんだ後,各学年の出し物となります。

1年生は,6年生へのインタビューでした。
1年生を迎える会の時に,6年生がインタビューしたことの逆となります。

2年生は,歌とメッセージでした。
3年生は,6年生の夢を叶えるとして,一人一人の夢を語りました。
4年生は,ありがとうコールです。
5年生は,色紙に書いたメッセージを渡すというものでした。

各学年の出し物ごとに,6年生は少し照れながら,でも嬉しそうに見たりプレゼントをもらったりしていました。

会が終わって,学級に戻って,子どもたちにこんな話をしました。
「下学年が,6年生に感謝の言葉をたくさん言ってくれました。大切なことは,それを喜びできちんと受け取り,その感謝に応えることです。卒業までは,まだ日があります。その間にきちんと応える行動をしましょう。」

6年生を送る会が,その時だけのお楽しみに終わらないように,指導したのです。
送り,送られ,それに応える。そんな関係を大切にできるような人になって欲しいと願っています。

 
ランキングに挑戦しています 

書き初め大会2017

今日の3校時に,書き初め大会がありました。
学校によっては,この大会,全校生を体育館に集めてやるところもあるようです。

本校の場合は,学級ごとに実施します。
子どもたちは,この大会に向けて,冬休みに練習を重ねています。
とはいえ,練習していない子や練習が足りていない子もいるとは思いますが…。

書き初めの開始には,学校長からの話があります。
書き初めの由来やその意味について,また,具体的な方法や書き初め後のことについて話をします。

この具体的な方法ですが,現任校で初めて知りました。
その年の恵方に向いて書くという方法なのです。

それまでは,新年を迎えて最初に習字をすることが書き初めだと思っていました。
とにかく最初に書けばいいのだと思っていたのです。

しかし,しきたりのようなものがあって,恵方に向いて書くのです。
ちなみに今年の恵方は,北北西でした。

子どもの机と椅子を教室の端に固め,全員が床に正座して書くようにしました。
そして,恵方である北北西の方角を向いて準備させました。

この大会,席書的に行います。
というのも,一人書く枚数が決まっているのです。
その枚数は5枚です。

子どもたちはその5枚に,これまでの練習の成果を発揮するわけです。

放課後,職員で入選作品を選びました。
ここでは,合意形成的に選んでいきます。

この作品選出について,以前から疑問に思っていました。
一体,どのような評価基準で選んでいるのかという疑問です。

いろいろ調べてみて,全国レベルの大きな大会では,いろいろあるようでした。
しかし,やはり大切なことは,きちんとした基本ができているかということが重要だとわかりました。

今日の選出には,その基本について見て,きちんとよりできている作品を選びました。

明日は,その結果の発表です。
子供達も楽しみにしていることでしょう。

 
ランキングに挑戦しています 

修学旅行2016-2

昨日と一昨日と修学旅行でした。
その関係で,二日間,このブログをお休みしていました。

今日は,修学旅行明けの1日です。
子どもたちは,10時に登校します。
職員も,同様です。

子どもたちは,元気に登校しました。
どうやらゆっくりと休養できたようです。
 
学校では,二時間の学習と給食を済ませ,下校します。
ですから,国語や算数の授業を通常通りすることはできません。
子どもたちの気分も,まだ修学旅行気分が抜けていないというのもあります。

そこで,子どもたちからは,修学旅行のことについて振り返りをさせました。
振り返りと言っても堅苦しいものではありません。

見学したところがどうだったとか,班別の自由行動がどうだったかを語らせるものです。
実際,班別行動では,教師の目が届かないところもあります。

最初に見学した法隆寺から順にたどって行きました。
いろいろな話が出てきました。
子どもたちが楽しんで過ごしていたことがよくわかりました。

次に,家の人とどんな話をしたかということを語らせました。
楽しかったことを話した,お土産のことを話した,こちらも色々出てきました。

今回の修学旅行ですが,特別なことは何も起こらず,順調に見学や活動することができました。
それが何よりだったと思います。

お天気は,1日目の奈良公園で雨に降られた以外は,いいお天気でした。
子どもたちが,楽しく,そしてたくさんの学びがあれば,充実した旅行だったと言えると思います。

 


ランキングに挑戦しています 
プロフィール

weavingbe

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

楽天市場
タグ絞り込み検索
記事検索
  • ライブドアブログ